弁護士 末安大地 (Taichi Sueyasu)

ご挨拶

弁護士 末安 大地
・依頼者のためなら、おすすめの居酒屋から、憲法問題まで、可能な限り丁寧にご説明を致します!

・私が目指すべき弁護士像は、弁護士ではなく、ソーシャルワーカーです。

全ての問題を弁護士が法律を使って解決することはできません。

しかし、弊事務所のネットワークや他士業との連携を通じ、法律関係以外でも幅広く、
ご依頼者様の総合的な支援ができたらよいと考えております。

不動産鑑定士、土地家屋調査士、社会保険労務士等の他士業、保険業界
遺品整理、不動産業界、社会福祉士等の業界とのネットワークもありますので
法律関係以外でも幅広く、お客様のご相談に対応することが可能だと思います。

個人の方へ

弁護士は敷居が高い、弁護士と話をすると説教をされるかもしれない。

そんな、相談に対する「心の重さ」を抱えられた方が、安心して相談できるように、お一人で悩んでいる方に寄り添って、一緒に問題解決の方法を考えられる、弁護士の枠を超えた相談員としてご依頼者様のお力になりたいと考えております。

福祉施設経営者の方

福岡で社会福祉法人(介護施設・老人ホーム等)、福祉事業所(ケアマネ事業所等)を経営されている皆様の支援を致します。

福祉事業所にとって、特に気になる「虐待」に関して、事業所のリスク管理の観点等から、施設運営上の問題点について経営者の方と一緒に検討を致します。施設の法務担当として弁護士のご利用をご検討下さい。

これまでも高齢者障害者の虐待対応に注力してきましたので、福祉施設経営者の方に、
リスク管理、施設入居者とのトラブル対応の相談に乗ることも可能です。

また、施設従業員向け、施設管理者向けの研修も承っております。

経歴

Bomaderry High School(オーストラリア、N.S.W州)卒業
熊本大学法学部
九州大学法科大学院修了
一般企業勤務を経て、2015年最高裁判所司法修習終了

主な取り扱い分野

高齢者障害者関係事業所におけるコンプライアンス、リスクヘッジ
福祉施設における顧問弁護士としての役割
債権回収
成年後見申立て・財産管理

所属団体等

福岡県弁護士会 福岡部会 所属
行政問題委員会
高齢者障害者委員会
福岡県高齢者障害者虐待対応チーム 所属

講演履歴

・平成29年2月11日

福岡県高齢者障害者虐待対応チーム研修会

成年後見制度首長申立て制度について

・平成29年11月29日

福津市高齢者権利擁護研修

高齢者虐待防止法について